すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

【アニメ】彼方のアストラ感想【傑作】

彼方のアストラ』というアニメをNetflixで見たので感想を書く。

ネタバレに配慮してないので、見ていない方は絶対に読まないようにお願いします。ミステリー要素のある作品なので極力内容を知らないほうが楽しめます。名作なので面白いアニメを探してる人にオススメできるとだけ言っておきます。

↓感想はじまり

 

もうね、傑作だった。最高だよこの作品。もっと早く観ればよかった。

たまたまNetflixを眺めてたらサムネに目を惹かれて、なんとなく再生してみたところ、漫才みたいなギャグの連発で一気に作品世界に没入してしまった。

1話を観た際は、「これはSF風ギャグアニメなのかな?」と思ったけど、実際はSF・ミステリー・ギャグの3要素が均等に入った内容だった。SFとミステリーは練られてて楽しかったし、ギャグはツボに入った。アリエスの言い間違いが特にツボ。言葉遊びが好きなんだよね僕は。

ストーリーには毎話ともハラハラドキドキしっぱなしだったし、あらゆる主要キャラに感情移入できるポイントがあり、キャラクターの生い立ちを知るたびに泣きそうになった。

終盤の、真実の歴史を世界に暴露しようとする展開には「いやちょっと待ちなさい。平和になってるんだからいいじゃないか。時には嘘も必要なのが世の中だよ」というツッコミを少年少女たちに対して一人で入れていた35歳のおっさんな僕。

でもその後の少年少女たちの言動を見ていて、「みんなの言う通りだな……。嘘の上に築いた平和を享受していたって先には進めない。ちゃんと真実を受け止めた上で、未知の未来へ立ち向かうことが大切なんだ。目を塞いではいけないんだ」て思い直した。現実の汚さにまみれたおっさんが作品の純粋さに心を打たれた形になる。

もちろん現実世界はこんなに純粋ではない。でもこれは一つの作品であり、「未知の世界へ立ち向かう」というテーマを描いた素晴しい物語だと思う。実際に僕は心を打たれた。

辛い現実を見て見ぬふりをするのではなく、ちゃんと向き合った上で先に進む勇気をもらえた作品だった。

仲間との絆の強さも、とても心に来るものがあった。仲間っていいなあ。コロナウイルスによる緊急事態宣言下にずっと家に一人でこもってる日々なので、なおさら仲間の存在に魅力を感じた。

B5班のメンバーは旅を通して家族のような絆を築いたよね。こういう関係ってとても憧れる。こういう仲間を作るには、まさにテーマとして描かれたような、未知を恐れず行動して困難に立ち向かうことが大切なんだろうと考えてる。自分も頑張ろうと思える。

 

こういう、現実世界に何かを持ち帰らせてくれる物語と出会えたときは本当に幸せな気分になる。こういう作品とたくさん出会うことが自分の人生の目的の1つで、だから僕はたくさん物語を楽しんでる。あー面白かった。

以上。