すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

断酒12日目の心境 / コブラ会面白い

断酒を始めてから今日で12日目になる。その影響からか、とにかく眠い。寝ても寝ても寝足りない。夜中の2時には寝て9時に起きた。睡眠時間7時間。もう十分に寝ているはずだ。なのにその後に二度寝をしてしまい、なんと14時まで寝てしまった。二度寝による睡眠時間は5時間。合計すると12時間も寝ている。寝すぎだろう。在宅勤務だからこそ可能な寝技である。伸びる睡眠時間と溜まる仕事。

二度寝から起きたあとの倦怠感は相当なものだった。強烈な二日酔いにも劣らないほどのダルさに驚いた。酒に完全に依存した状態から、急に12日間も酒が入ってこなくなったものだから、心身のバランスを崩しているのだと思う。酒が入っている状態を基準にバランスされるように心身が調整されてしまっているからだ。長年に渡り酒に依存してきたツケだろう。

ここで酒を飲んだら楽になる。今だけは。しかしその選択をしたら、僕の人生はもう一生酒に支配されることが確定する。確かに今は心身のバランスを自力で取れず辛い。でもこの辛さは、僕の心身が必死に本来のバランスを再調整している証拠なんだ。僕の体は今、頑張っているんだ。なのにバカな脳が酒への欲望に負けて体に酒を入れてしまったら、全てが台無しになる。そんなことは絶対にありえない。飲むはずがない。長くても数か月程度の辛抱だろう。その期間さえ辛抱すれば本来の自分に戻れんだ。戻ろうよ。一回きりの人生なのだから。

 

話は変わって、海外ドラマの『コブラ会』を見始めた。ツイッターで「コブラ会が面白い」的なツイートを偶然にも目にしたことがキッカケだ。6月ごろから映像コンテンツに入り込めない心理状態になっているものの、元々は映画やドラマが大好きなので、何らかの作品に没入したい欲求が日に日に高まっていた。コブラ会も「多分入り込めないだろうなあ…」というダメ元な気持ちで視聴開始したのだが(仕事をサボりながら)、これがなんと入り込めた。超面白い。中年の悲哀とティーンの苦悩。この両者を共に描きながら、王道な物語が展開していく。僕の場合は中年の悲哀にとても感情移入してしまう。特に金髪のおじさん。1話冒頭の寂しい日常なんか、まさに今の自分とそっくりだなと思った。そんな寂しい日常からの、悔しさを原動力にしたコブラ会の設立。魂のエネルギーに満ち溢れており、見ていて刺激をもらった。自分も何かしたいと思った。

今の自分は、真綿で首を絞めるかのようにゆっくりとしかし確実に衰退する人生を歩んでいる。適応障害で休職後、5月に復職してから今までは、とにかく毎日生きていくことだけが目標であった。しかしその期間はもう十分だ。ただ生きているだけでは満足できなくなってきた。休職前は頑張る対象が仕事であったが、もうそれは無理だ。当時の自分とは仕事に対する価値観が変わっている。仕事ではなくていいから、何かやりたい。そんな気持ちがまた芽生え始めている。焦らずまた色々と考えていこうかな。そんな心境。