すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

草津温泉旅行から日常へ回帰

8月最終日。早い。7月に入った際にこう思ったのが記憶に新しい。「今年ももう後半戦か。後半からは引き締めてこう」と。何をどう引き締めるのかは知らない。それが今や、後半どころか2020年も2/3まで終わってしまった。時間よ、少しは待ってくれないか。少しでいい、一息付いて休憩させておくれ。時間という奴はどこまでも一方的かつマイペースに淡々と進み続けていく。情状酌量と言った概念の対極に位置するものが時間だ。あまりにも無情すぎる。時は残酷とは言い得て妙なり。

 

草津温泉から帰宅して日常へと回帰し、表面上は旅行前と全く同じ1日を過ごした。しかし旅行という非日常の中で行ってきた思考により生まれた意志が、僕の中で胎動しているのを感じる。その意志とは「現状を変えたいと思う意志」だ。休職からの復職も軌道に乗った今、改めて生き方を見つめ直し、このままでは嫌で変えていきたい現状を直視してきた。具体的にどう変えていくかはまだ思考中だが、焦らないようにしたい。今確かに芽生えた意志は大事に育てたい。変に焦るときっと腐らす。

 

とはいえひとまず早々に体調改善はしたい。心と体は密接に関連し合っており、体調が悪くなれば心も沈み、反対に体調が良くなれば心も上がるからだ。過去に何度も経験している。既に断酒で中々の改善が出来ているが、だからこそ更なる改善をしていきたい気持ちがある。体調改善といえば食事と運動。でもより重要なのは食事だろう。自分の体は自分が食べたものから構成されている。つまり食事は体調改善の最重要ポイントになるはず(素人だから全部推察)。やってこう。寝る。