すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

物語って、楽しもうとしないと楽しめない

アニメ・マンガ・映画みたいな物語を楽しむ趣味って、自分から積極的に楽しもうとしないと楽しめない。

なぜかというと、理由は2点ある。以下、順に書いていく。

 

【理由①】根本的にどうでもいいから

だって、自分の人生とは関係ない、作り物な世界の話ですから。

現実世界で色々と面倒なこと、やらなきゃいけないこと、不安を抱えている状況で、たかがフィクションなんて根本的にどうでもいいよ……。現実は厳しい。明日も仕事があって面倒だし、お金も不安だし、老いた親も不安だ。そんな現実を生きるだけでも大変なんだから、フィクションなんて楽しんでる余裕なし。

こう思うのが普通だと思う。

 

【理由②】物語を楽しむって行為は頭を使うから

物語を楽しむためには、以下の要素を押さえることが重要だ。

・物語が伝えたいことを受け取る
・展開を予測した上で、実際の展開を見る
・キャラクターの性格、関係性
・世界観への理解

など。そしてこういったものを理解するためには頭を使わないといけない。

で、自分から楽しもうという積極姿勢がない場合、理由①で書いたように根本的にどうでもいい物語鑑賞なんかで頭を使おうとは思えない。だから楽しめなくなる。

どの程度頭を使う必要があるかは、作品のわかりやすさ次第だ。スターウォーズは分かりやすいので楽しみやすいけど、2001年宇宙の旅は分かりにくいので頭を使わないと楽しめない(作品の優劣の話ではない)。

 

以上が、「アニメ・マンガ・映画みたいな物語を楽しむ趣味って、自分から積極的に楽しもうとしないと楽しめない」と思う理由だ。

2つの理由が相乗効果を発揮している。根本的にどうでもいいのに(理由①)、頭を使わないと楽しめない(理由②)。

 で、物語鑑賞なんかにあまり興味がない人が偶然この記事を読んでいるとしたら、きっとこう思うはず。「どうでもいいんだったら他のことして遊べばいいのでは?趣味はほかにもたくさんあるよ」って。絶対にこう思うはず。

物語鑑賞が大好きな僕でも、客観的に考えたら、「こんなどうでもいい趣味より有意義な趣味でもしたほうがいいのでは?」って思う。

でもね、そこは理屈ではない。趣味の世界に理屈は不要なんだ。とにかく俺は物語をたくさん楽しみたい。そこに理由はない。楽しみたいから楽しみたい。それだけ。「物語なんか楽しんで何の意味があるの?」て疑問はナンセンス。趣味に意味なんて求めるな。意味を求めたらそれはもう趣味ではない。

だから俺は、今日も積極的に楽しむ姿勢を持ちながら、アニメや映画を見たり、マンガや小説を読む。現実には不安がたくさんあるけれど、それとこれとは話が別。物語を楽しみたい。だから楽しむ。以上。人生の唯一の目的は楽しむことだ。

もし「最近面白いアニメとかマンガないなあ」って思ってる人は、もしかしたら作品の質が下がったのではなく、自分の楽しもうという気持ちが下がっただけって可能性も考えてみるといいかもしれない。