すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

1人で居酒屋を3軒はしごした

ダウンタウンの本音ではしご酒に触発され(嘘)、僕もはしご酒をしてきた。友達がいないので1人で、時間は15時から21時ごろ。酒は昼間から飲むに限る。

はしご酒の舞台は、僕の愛する川越にあるクレアモール。住まいから近いのだ。川越の魅力は格別だ。田舎に存在する繁華街としての役割を完璧に果たしている。活気があり、何でも揃い、家賃は安い。

そんな川越クレアモールでまず入店したのは「町鮨とろたく 川越店」という名前の、寿司と天ぷらがメインの大衆居酒屋。

tabelog.com

少し前までこんなお店はなかったはずなので、まだオープンしたばかりと思われる。ヒノキ色で綺麗なカウンター席が僕の目にまぶしく映り、「あのカウンターで酒を飲みたい」と思っていた。なのでその思いを実現したことになる。寿司と天ぷらがメインということなので、玉子焼きと枝豆とハムカツを注文した。寿司と天ぷらはけっこうなお値段だったので控えた。この店のあなご寿司一貫で小僧寿しの海鮮丼が食べられる。そう考えるととても手が出せなかった。デフレ経済と共に歩んできた人生のため、低価格志向が染み込んでいる。ビール・ハイボール・ウーロンハイ・ウーロンハイを飲みながら美人な店員さんを目で追いかける幸福な時間を過ごした。

続く2店目は、高級中華料理屋として全国的に展開している日高屋だ。しかもただの日高屋ではない。焼鳥日高という、日高屋に焼鳥居酒屋の要素を掛け合わせた「え、その組み合わせはさすがにズルいのでは?」と言いたくなる店だ。スクウェアエニックスのように。

tabelog.com

この店には何度も足を運んでいるため、いつもの定番メニューでこの日も臨んだ。もちろん焼鳥は頼まず、玉子焼きと枝豆とコロッケだ。僕は店の方針よりも自分の好物を貫く。それにこの店の焼鳥は全くオススメできない。安くて不味い焼鳥そのものだ。日高屋に焼鳥はまだ早い模様。この店ではハイボールとウーロンハイとウーロンハイを頼んだ記憶があるものの、既に酔いが回っており定かではない。何をして過ごしていたかも覚えていない。ツイッターをしていた気もするし、ネットフリックスでアニメを見ていた気もするし、千葉紗子のアルバムを聴いていた気もする。

最後の3店目へと赴く前に、焼鳥日高の正面にあるアニメイト川越店へと足を運んだ。アニメイトにとってはいい迷惑だろう。健全なオタクたち(女性中心)で賑わう店内に30代中盤の酔っ払いが入り込むのだから。どうしてもニンテンドースイッチが売ってないか確認したかったのだ。ほぼ期待せず確認し、当然売っておらずそそくさと退店した。

最後の3店目は、「居酒屋ビッグ 川越駅前店」。

tabelog.com

埼玉県を中心に展開する大衆居酒屋だ。この店も焼鳥日高と同様に焼鳥が売りである。そして居酒屋ビッグの焼鳥は本当に美味しい。この居酒屋にも度々足を運んでおり、自分の好物を貫きたい僕もこの店の焼鳥にはいつも負ける。この日も焼鳥の魅力に屈し、枝豆と玉子焼きに加えて焼鳥も頼んでしまった。相変わらず美味しかった。つくねがお気に入り。美人の店員さんを目で追いながらアニソンを聴いていた気がする。ぼんやりとした記憶しかない。

 

以上の3店をはしごし、幸せな時間を過ごせた。コロナウイルスの影響で外飲みはずっと控えており約4か月ぶりに居酒屋で過ごしたので、楽しさも尚更だった。居酒屋では別に何をするわけでもない。美人を目で追いかけながらダラダラしているだけだ。時間の浪費と言われればその通り。その時間で本が1冊読める。映画も見れる。1クールアニメを全話見れる。しかしそんな浪費もまた楽しい。貴重な時間を、酒を飲んでぐうたら過ごして浪費する。僕の人生においてはそんな時間があってもいいのだ。だって楽しいんだもん。たまの贅沢には留めておきたいけどね。