すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

結婚なんて、したい人だけすればいい

アラサーからアラフォー辺りの年齢になると、「そろそろ結婚しないとなあ」と言い出す人が本当に多い。そういう人に問いたい。「なんで結婚しないといけないって思うの?」と。

結婚したいという意思があり、だから若いうちに結婚しないと、という意味なら分かる。そういう人は素直に応援する。そういう人はこんな記事を読んでないで婚活に励んでください。

僕が問いたいのは、結婚したいという自分の意志もないのに、義務感だけで「結婚しないとなあ」とぼやいている人に対してだ。

もう平成も終わり時代は令和。令和な時代になっても未だに、「結婚はするのが普通」「まっとうな大人なら結婚すべき」という考えを当たり前のように身に付けている人が本当に多い。そういう人が、結婚したい意思もないのに「結婚しないとなあ」とぼやいているんだと思う。

いや別にいいんです。個人がどんな思想を持とうと勝手なので。ただ、結婚したい意思もないのに結婚について焦ったり悩んでいる姿を見ると、「結婚したいと思ってないなら、結婚のことなんて気にせず独身生活を楽しもうぜ。結婚なんてしたい人だけすればいいじゃん」とつい言いたくなってしまう。一度きりの人生なんだから、興味のない結婚なんてものに思いを煩わせるのはもったいないじゃないですか。

「結婚はするのが普通」「まっとうな大人なら結婚すべき」という考えを持っている人は、一体なぜ自分はそんな考えを持っているのか改めて考えてみるのもアリだと思う。案外、ただ無意識に刷り込まれているだけかもしれないです。

ちなみに、過去にリアルで「結婚なんてしたい人だけすればいい」という意見を人に話したことが何度かある。飲み屋で結婚について話題に上がったときなどに。その際によくある反論が、「結婚して子供を育ててくれる人がいるから日本は成り立ってる。だから"結婚なんてしたい人だけすればいい"って考え方は社会人としてどうかと思う」というものだ。

うん、その通りかもしれない。おっしゃる通り、結婚して子供を育てる人がいるからこそ日本という社会は成り立っている。そして今、少子化で日本は衰退の一途にある。この状況において社会人としてのあるべき姿は、結婚して子供を育てることなのかもしれない。

……ふーん。で?っていう。日本の未来のために、したくもない結婚をして子供を育てろっていうの?戦前かよ、嫌だよそんなの。それにそもそも、社会人としてのあるべき姿なんて興味もない。個人の自由を尊重する戦後の価値観に骨の髄まで染まっている。

「正直言って結婚したいと思えないけど、社会人としては結婚して子供を育てるべきだよな……はぁどうしよ」と思い悩んでいる人がもしいたら、僕みたいに開き直るって選択肢もあります。

 

僕の場合、独身のほうが絶対自分には向いていると考えている。だから積極的に独身でいようとしており、「結婚しないとなあ」という悩みとは無縁でいる。

僕なりに独身でいることのメリット・デメリットを踏まえて考えた上での結論ではある。ただ、メリット・デメリットを考えている時点で結婚しないほうがいいんだろうとも思う。結婚は、論理ではなく直観でしたいと思うならすればいいんじゃないだろうか。論理で考えるには無理がある。予測不能な要素が多すぎる。経験がないから予想だけど。

まあ、そんなことを言いつつも、もし今後の人生で、「この人とずっと一緒に生活したい」と思う人が現れて、かつその相手が結婚したいと言ってきたら結婚することもあるかもしれない(僕としては一緒に住みたいなら同棲すればいいだけだけど)。そんな具合に緩く生きている。