すずひらのブログ

気の向くままに書き散らしてるブログ

仕事のノウハウを学べるおすすめビジネス書

仕事にはノウハウがある。「こうやればひとまず70点は取れる」という方法が既に確立している。

一言に仕事といっても多種多様な職種があるものの、世の中の大半の仕事に活用できる汎用的なノウハウがいくつか存在する。この記事では、そんな汎用的な仕事のノウハウ(以降、汎用スキルと呼ぶ)を学べる本を紹介する。

たくさん紹介しても分かりづらいと思うので、「この本に書いてる内容が実践できればとりあえず十分」「読みやすい」という観点で厳選に厳選を重ねる。

 

 

紹介する本の信頼性

僕は今まで数えきれないほどのビジネス書を読んできた。1000冊はいかないと思うけど、500冊は確実に読んでいる。それだけ読んできた中からのおすすめなので、自分で言うのもなんだけどけっこう信頼できると思う。しょうもない小手先だけのビジネス書が世の中には溢れているけど、そういうつまらん本は一切含めていない。

 

ちなみに僕自身は平凡なサラリーマンだ。しかしそもそもが、サラリーマンとして仕事をできるような人間ではない。落ち着きがなく、注意散漫、すぐに気が変わり、コミュニケーションが苦手。そんな人間がどうにか仕事をできているのは、間違いなくビジネス書で学んだおかげだ。

また職種でいうと自社事業の戦略策定と実行が7割、クライアント向けITコンサルが3割。多分珍しいけど2つの職種を掛け持っている。こういう職種なので、思考系の本に少し偏っているかもしれないが、なるべく汎用スキルを開くカバーできるようにしたつもり。

 

汎用スキルの全体像

汎用スキルの全体像は以下の通り。

①考える

②考えを人に伝える

③考えを実行する

 

他にも色々な整理の仕方があるけど、僕はこのように整理している。

この3つごとにそれぞれ、おすすめな本を紹介していく。

 

①考える

グロービスMBA集中講義 [実況]ロジカルシンキング教室 | グロービス, 嶋田 毅 |本 | 通販 | Amazon

論理的に考えるための基礎がこの1冊に詰まってる。論理思考関連の本は世の中に溢れているけど、この1冊で十分。

 

自分のアタマで考えよう | ちきりん, 良知高行 |本 | 通販 | Amazon

上記本で学んだ論理思考を土台にして、自分の頭で考えるためのヒントが色々書かれてる。

 

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 | 森岡 毅 |本 | 通販 | Amazon

マーケティングと聞くとマーケターにしか関係ないと思われがちだけど、マーケティングとは「誰に対してどんな価値をどうやって届けるか」というビジネスの根幹を指している。つまり仕事をする人の誰にとっても重要。そんなマーケティング思考を学べる。

 

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」 | 安宅和人 |本 | 通販 | Amazon

掲載しようか悩んだ。余計な内容が多いから。でもとてもいいことも言ってるので掲載した。いいこと=自分の仕事を重要な仕事に絞り込み、その仕事に注力する。

 

②考えを人に伝える

ロジカル・プレゼンテーション――自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」 | 高田 貴久 |本 | 通販 | Amazon

前半はよく覚えてないけど、後半はプレゼン資料の作り方。後半が役に立った。

 

一生使える 見やすい資料のデザイン入門 | 森重 湧太 |本 | 通販 | Amazon

完全にレイアウトやデザイン。レイアウトとデザインはこの本だけでマジで十分。その道のプロを目指すのでもない限り。

 

③考えを実行する

世界で一番やさしい会議の教科書 | 榊巻 亮 |本 | 通販 | Amazon

会議の仕切り方初級編。この本に書かれている初級編すらまともにできる人は10人中2人ぐらい。それが日本企業の現実だけど、だからこそちょっと勉強するだけでデキる人になれる。

 

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ | グロービス |本 | 通販 | Amazon

会議の仕切り方中級編。掲載しようか悩んだ。上記の本を読んで、更に深堀したかったら読む程度で十分です。

 

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる | デボラ・ザック, 栗木 さつき |本 | 通販 | Amazon

「一日中忙しかったけど、結局今日は何やったんだっけ」←この感覚の原因はほぼマルチタスク。マルチタスクは生産性を下げるということが理解できる名著。

 

まとめ

厳選しすぎた気がする。でもまあ、これら本を読んだ以降は、必要に応じて他の本も読める状態にきっとなる。

紹介した本を読み込んで実践できるようになれば、仕事ってものに対する見え方が変わってくると思う。

この記事で紹介した本はいずれも基礎の基礎だけど、だからこそ大切だと僕は思ってる。何事も基礎さえクリアしたらその道のプロでもなければもう十分。現状の日本企業は、そんな基礎の基礎すらできない素人連中が経験と年齢で牛耳っている。だからこそ、ちょっと勉強すれば余裕で大半の人の上に行ける。

経験と年齢だけで威張ってる連中から都合のいいように使われるか、「あ、こいつはちょっと言いにくいな」と思わせながら徐々に自分の心地よい環境を作っていくか。後者の道を行くためには、やっぱり本は味方になる。おすすめ。以上、おしまい。